住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームの特徴や、
そのほかの老人ホームとの違いについて。
介護や看護サービスを自由に選べる、
生活支援サービスのついた老人ホーム

住宅型有料老人ホームとは、民間が運営する生活支援(食事、清掃、洗濯など)サービスのついた老人ホームです。
介護や看護が必要な場合は、外部サービスを自由に選べる点が特徴です。
これまで利用してきた訪問介護サービス等を継続して利用することもできます。

有料老人ホームの種類

高齢者向けの施設には、数多くの種類があります。
入居や利用の条件も、「年齢」「介護度」「健康状態」等によってさまざまです。
その中でも有料老人ホームには「介護付」「住宅型」「健康型」の3つがあります。

これらは、(1)食事の提供 (2)介護(入浴・排泄・食事)の提供 (3)洗濯掃除等の家事の供与 (4)健康管理のうち、いずれかのサービス(複数も可)を提供している施設です。

介護を必要とする方は、「介護付」「住宅型」のどちらかを利用することができます。

介護付有料老人ホームとの違い
介護付有料老人ホームとは

名前にもあるように介護サービスを24時間受けられる、特定施設入居者生活介護としての指定を受けた施設です。
また、看護職員の配置が義務付けられています。

住宅型有料老人ホームとの違いは、介護・看護サービスが含まれているのか、個別に契約するのかという点です。
住宅型有料老人ホームも介護・看護サービスの充実した施設があります。

介護付有料老人ホームと比較すると、介護や看護サービスに差があるように見えますが、住宅型有料老人ホームの中にも、介護・看護サービスとの連携を図り、充実したサービスを受けられる施設も増えてきています。 そのため、施設によっては『介護付』『住宅型』で受けられるサービスや内容にあまり違いがないといった施設もでてきています。

サービス付き高齢者住宅との違い
サービス付き高齢者住宅とは

自立または要介護度の低い方向けの住宅で、スタッフによる見守りや生活相談が受けられます。
介護が必要な方は外部のサービスを利用することができます。

住宅型有料老人ホームとの主な違いは2つ。契約の種類介護度による受け入れの体制です。
  • 契約の種類

    住宅型有料老人ホームは「利用権方式」、サービス付き高齢者住宅は「建物賃貸借方式」です。
    住宅型有料老人ホームは施設やサービスを利用するために料金を支払うのに対し、サービス付き高齢者住宅は賃貸住宅のように部屋を借りるために料金を支払う点で違います。

  • 介護度による受け入れの体制

    住宅型有料老人ホームの場合、要介護の方を受け入れる体制が整っていますが、サービス付き高齢者住宅(主に一般型)の場合は、介護度が上がってしまうと充実したサービスを受けるために転居が必要になることがあります。
    サービス付き高齢者住宅の中でも、特定施設の認定を受けた「介護型」と呼ばれる施設があり、その場合は介護サービスを受けることができます。

ご見学・ご相談のお申し込み
お電話またはインターネットで受け付けております。
各種お問い合わせ
お電話で受け付けております。
受付時間
9:00〜17:00